『ようこそ』の向こう側

この記事は投稿より1年以上が経過しています。 古い情報かもしれませんのでご注意ください。

スポンサーリンク


ひさしぶりにパソコンを使おうと、WindowsXP搭載パソコンを使おうと起動した時に、

『ようこそ』

の画面のままピクリとも動かず、どんなに待ってもパソコンが起動しなくて困ってしまう事がある。

 


しかし、マウスカーソルが正常に動作する事から、

PCがフリーズしてるわけでも無く 、

かと言ってHDDのアクセスランプが点灯しっぱなしで固まっているわけでもない。





「そういえば、PCをしばらく使って無くて半年ぶり久しぶりに起動したから、

パソコンがすねてるのかなぁ・・・?」なんて思ってしまったり。













真相は、『システムの時刻が無効です』のダイアログボックスが実は表示されていて

ユーザーからの応答を待っている状態なのだがその場所が、

『ようこそ』の向こう側で表示されているため、

ユーザーからはダイアログボックスのボタンを押そうとしても押すことができない。

こんな状態ではマウスでどんなに操作をしてもOKを押すことができない。





(↑ 本来ならばこの様に表示されるはずなんだけど・・・)

 

フォトレタッチソフトでいえば、Windowsが『レイヤーの表示順序間違っちゃった、テヘ★』な状態。



ではどうしたらよいか?


解決方法



Ctrl+Alt+Deleteを同時押し

これで、なぜか起動します。



起動したときにはまた、パソコンがすねないように時刻合わせをすることが必須。

しかし、時刻が初期化されているようなPCでは、CMOSバッテリーが切れていることが多い。

デスクPCならCMOSバッテリー交換が簡単なケースが多いが、

ノートPCではさらに、本体バッテリー完全消耗+CMOSバッテリー完全消耗のダブルコンボな状態な場合になっている事があるので、数日使わないだけでまた『ようこそ』で止まってしまいます。

その時は、電源を切っていてもコンセントを挿しっぱなしの状態で保管するしかないようです。

ちなみに、この症状は東芝のビジネスノートdynabook Satellite Jシリーズで目にすることが多い気がします。

 

スポンサーリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。