アーカイブ : 2012年 2月

Chrome拡張開発。 chrome.windows.create()だけでなくてwindows.open()もつかえる

この記事は投稿より1年以上が経過しています。 古い情報かもしれませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

最近、GoogleChromeの拡張機能を作ってたりしてます、

popup.htmlに常に変動するステータスを別窓表示させておきたいなと思って実装を試みてみた。

通常、popup.htmlはブラウザアクションで呼び出されて、すぐ消えてしまう。

常時表示させておきたい場合、chrome.window.create()で生成はできる・・・が、

ステータスバーやらアドレスバーやら色々表示されていてすっきりしない。

 

で、ためしに普通にwindow.open()を使ってみたら普通にpopup.htmlを別窓生成できた。

もちろんイベントリスナーでbackground.htmlと通信できる。

こりゃ便利だ。

困ったときは初心に帰るべきだな。

 

ちなみにbackground.htmlに記述でこんな感じ

var mOption = 'width=300, height=400, location=no, menubar=no,toolbar=no, scrollbars=no, resizable=yes';

 window.open("popup.html", "myPopUp", mOption);

スポンサーリンク