カテゴリー : 自分用メモ

同じフォルダ内にあるpdfファイルをどばっとまとめてファイル名順に印刷したい!BatでAdobeReaderDCで印刷する!

スポンサーリンク

確定申告の書類で、同じフォルダ内にあるpdfファイルをどばっとまとめてファイル名順に印刷したい!

ファイルをどばっと選択して、プリンターに送れば印刷はできる・・・、

でも、印刷するのが数枚なら良いけど、
100枚とかあると同時印刷の上限に引っかかっちゃうし、順不同だし。
ん~、
Batでいけないかな・・・・
助けてGoogle先生!
ありがとう!感謝!
ポイントはひとつ!
に書いてある
/tオプション

Adobe Reader を起動し、印刷ダイアログボックスを表示せずに PDF ファイルを印刷し、Adobe Reader を終了する

現状この/tオプションをつけてもAdobeReaderを終了されませんw

(初回起動時のみ、一枚でも開いていれば期待通りの動作)
私のPC内に入っているのは
Acrobat Reader DC
・・・なので、タスクマネージャからプロセス名を調べて
、参考サイトからスクリプトをお得意のコピペしてちょこっと改変しました
続きを読む

スポンサーリンク

Chrome拡張開発。 chrome.windows.create()だけでなくてwindows.open()もつかえる

この記事は投稿より1年以上が経過しています。 古い情報かもしれませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

最近、GoogleChromeの拡張機能を作ってたりしてます、

popup.htmlに常に変動するステータスを別窓表示させておきたいなと思って実装を試みてみた。

通常、popup.htmlはブラウザアクションで呼び出されて、すぐ消えてしまう。

常時表示させておきたい場合、chrome.window.create()で生成はできる・・・が、

ステータスバーやらアドレスバーやら色々表示されていてすっきりしない。

 

で、ためしに普通にwindow.open()を使ってみたら普通にpopup.htmlを別窓生成できた。

もちろんイベントリスナーでbackground.htmlと通信できる。

こりゃ便利だ。

困ったときは初心に帰るべきだな。

 

ちなみにbackground.htmlに記述でこんな感じ

var mOption = 'width=300, height=400, location=no, menubar=no,toolbar=no, scrollbars=no, resizable=yes';

 window.open("popup.html", "myPopUp", mOption);

スポンサーリンク